小浜島のアクティビティ予約なら"小浜島ツアーズ"♪

小浜島の1月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

-この記事をシェアする-

沖縄県八重山諸島にある小浜島(こはまじま)。高速船やフェリーなど、石垣島からのアクセスも充実しています。今回は、そんな小浜島へ観光に行こうか考えているあなたに、1月の天気や服装・おすすめスポットを紹介します!

小浜島の1月とは?

上空から小浜島を撮影

小浜島の1月は一年で最も寒い季節です。気温は20℃を下回り、北風と雨が吹く時は、体感で10℃を下回るなんてことも。とはいえ天気が良ければ20℃程なので、東京に比べればとても暖かいです(東京:6.1℃)。1月の下旬ごろからは、日本一早い桜(カンヒザクラ)が咲き始める季節でもあり、南国の風情を感じられます。

海が荒れていることもありますが、海の状況次第では、最も寒い1月でさえウエットスーツ着用で海に入ることができます。また年始を除けば、一年の中でも航空券やホテルの値段が最も安くなる時期でもあります。格安で南国のリゾート地を楽しめるのは、この時期の大きな魅力です♪

小浜島の1月の天気

小浜島のビーチでジャンプ

平均気温:18℃
月間降雨量:140mm
晴れの日:9日 雨の日:10日

平均気温が20℃を下回り(1月、2月のみ)、時折スコールという短時間にものすごい量の雨が降ることもあります。晴れの日よりも雨の日が多くなり、リゾート地のイメージとはかけ離れた気候であることが多いです。

しかし、ほかの地域にくらべれば非常に暖かい!晴れの日は特に暖かく、半袖で過ごせる日も多いです。寒いのが苦手な方は、冬場に長めに滞在するのもいいかも!

1月の小浜島の服装と持ち物

1月の服装

基本的に長そでシャツ1枚で過ごせる日が多いですが、風の強い日は若干寒く感じることがあるので、インナーや薄手のコートなどを準備していくのがおすすめ。また、小雨が降ることも多いので、雨具を持っていったほうがいいです。ただし、ツアー等ではレインコートを貸してくれることが多いです。

女性:長そでカットソー、ロングパンツ、コート、ストールなど
男性:長ズボン、トレーナー、パーカー、フリースなど

1月のおすすめ持ち物

気温が10℃以上でも日によって、北風による寒さを強く感じます。上着で体温調節できるようにしましょう。事前にしっかり準備していけば、急な気候の変化や予定の変更があっても安心ですね!

おすすめ持ち物:日焼け止め、サングラス、帽子、傘、レインコート、コート、トレーナーなど

小浜島の1月におすすめのスポット

トゥマールビーチ

トゥマールビーチ

出典:4travel

南国と言ったらやっぱりビーチ!ここ小浜島でもビーチがおすすめです。小浜港から歩いてすぐの距離にあるトゥマールビーチ。遠浅のビーチのため、海水浴やシュノーケリングを楽しむというよりは、のんびり海を眺めたり、友達とはしゃいだりするのに最適な場所です。

フェリーターミナルとビーチとの間に、ちょっとした休憩所があります。ここで、乗船するフェリーが到着する様子を確認しながら待つことが出来ます。小浜の近くでは、意外とビーチと呼べる場所が限定的です。なので観光客にとっては、トゥマールビーチは最も便利なビーチになっています。
トゥマールビーチの詳細はこちら

小浜島カントリークラブ

小浜カントリークラブ

出典:4travel

小浜島には、日本一南に位置するゴルフ場があります。それがここ小浜島カントリークラブ。コース内には日本最西端のティーと日本最南端のティーがあります。

コース内カートコースの舗装がガタガタで、走りにくいですが、リゾート地でのゴルフは、他では味わえない爽快感と開放感を与えてくれるでしょう。小浜島での思い出づくりに、みんなでワイワイ楽しむのにはピッタリのゴルフ場です。
小浜島カントリークラブの詳細はこちら

シュガーロード

シュガーロード

小浜島の一番の名所と言っても過言では無い、朝ドラ『ちゅらさん』の撮影地として有名な『シュガーロード』。まっすぐな細い下り坂が途中から上り坂に変わり、両側にはサトウキビ畑が広がる壮大な風景が目の前に現れます。海までが見渡せる見晴らしの良さは、写真撮影にも最適!自転車で下って、心地よい風を体全体で受け止めるなんてのも最高です♪

また最近では、サトウキビ畑から牧草地に変わった場所もあり、途中にも牛の姿や白いもので包まれた牧草ロールが見られます。
シュガーロードの詳細はこちら

小浜島の1月のおすすめツアー

小浜島マングローブ自然体験ツアー

浜島マングローブ自然体験ツアー

このツアーは、小浜島のマングローブ林を分けて入り、川と海の合流地、汽水域を探検するツアーです。カニや貝、稚魚など、小浜島ならではの生物に出会えます。

普段は海で生活しているような水中生物たちが砂の中に隠れていたりと、この場所でしか味わえない楽しみが満載!自然や生き物に興味がある人は、ぜひ参加してみてください!

小浜島SUP体験コース-60分コース-

小浜島SUP体験

SUP(スタンドアップパドルサーフィン)は、立って乗れるカヌーのような乗りものです。比較的操作が簡単で、海外でも絶大な人気を誇っています。

実は小浜島は、SUPの名所としても有名なんです!小浜島周辺の海は国内最大級のサンゴ礁が広がり、リーフに囲まれた海は穏やかなので、SUPを楽しむにはぴったりの場所です!

小浜島は周囲約16kmと小さな島なので、島の風下をうまく使うことで、風が強い冬でもSUPを体験することができます。コースは16コースもあり、その日の海の様子に合わせて、最適なコースを選ぶことができます!

小浜島スタンダードフィッシング-半日コース-

小浜島スタンダードフィッシング

釣り初心者でも十分に楽しめる、小浜島の釣りツアー!最近女性や家族連れに人気急上昇中の、アクティビティです!

釣りツアーでは、竿の組み立てやエサ付けまですべてガイドがしてくれるので、小さなお子様から女性まで気軽に楽しめます。また、「魚を触るのが怖い」「エサのにおいが嫌」という方でもサポートしてくれるので安心です。女性や子供に人気なのもうなずけますね!

幻の島上陸&美ら海シュノーケル-半日コース-

幻の島上陸&美ら海シュノーケル

小浜島から約10分程の場所にある”幻の島”、浜島への上陸ツアーと美ら海シュノーケリングがたった半日で楽しめるコース。午前発、午後発と2便出ているので、予定を調整しやすいのも、大きなメリットの一つですね!

まずは潮の満ち引きによって現れたり消えたりする”幻の島”、浜島へ上陸しましょう!幻の島はCM、テレビなどで使われるほど美しい究極の島。真っ白な砂浜と、瑠璃色に輝く海の色のコントラストには目を奪われます。

幻の島の後は、お待ちかねの美ら海シュノーケリング!日本最大のサンゴ礁地帯である石西礁湖は、美しい色の魚とサンゴに出会える人気シュノーケリングスポット。海面を悠々自適に散歩しながら、サンゴに住む熱帯魚やウミガメといった水中生物を、目の前で観察しましょう!

まとめ

小浜島の1月は、ほかの月と比較すると寒い時期にはなりますが、東京と比べれば春ぐらいの気温。どの時期にも、それぞれ違った楽しみ方ができます。ぜひご自身にあった旅行の時期・楽しみ方を見つけてみてくださいね!

小浜島の全て遊びはこちら↓
小浜島ツアーズ

石垣島の全て遊びはこちら↓
石垣島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、小浜島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!