小浜島のアクティビティ予約なら"小浜島ツアーズ"♪

小浜島の10月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

-この記事をシェアする-

「小浜島に旅行に行きたい!」そう思う方は多いと思います。小浜島は沖縄県のさらに南にあり、日本の中でも有数のリゾート地として栄えているからです。でも同時に、「できるだけ混んでいる時は避けたい」、こう思うことも多いでしょう。そんな方におすすめなのが、観光のピークを過ぎた10月に小浜島に行くことです。

夏も終わり遊べるところが減ると思われがちですが、全くそんなことはありません。実は、夏と同じくらいアクティビティを楽しむことができるのです。それでいて観光客が少ないなんて、とても良い季節だと思いませんか?そこで今回は、小浜島の10月の持ち物やおすすめのスポットなどをご紹介していきます!

小浜島の10月とは?

まだまだ入れる10月の小浜島の海

小浜島とは、沖縄県八重山郡竹富町に属する島になります。人口は700人程度という小ささでですが、その何倍もの観光客が島を訪れるのです。小浜島の気温は、年間を通して15度から30度くらいであり、10月は平均気温が26度ほどになります。さすがは沖縄といった感じです。本州とは違い、秋になってもかなり暖かいと言えるでしょう。

泳げる?

では、10月の小浜島は泳ぐことができるのか?結論から言うと、十分に泳げます。先ほど申し上げたように、気温は26度ほどなので全く問題ないです。水温が少し低めではありますが、泳げないほどではありません。10月で泳ぐことができるのは、南の島の大きな魅力と言えるでしょうね。

小浜島の10月の天気

10月の小浜島の海

では、小浜島の10月の天気を調べていきます。実は、10月は一年の中で最も降水量が多い月になります。他の季節の2〜3倍くらいの雨が降ります。これだけ少し残念な点ではありますね。10月に雨が多い理由は、季節の変わり目だからです。なお、台風が多い季節は7〜9月の夏になりますので、10月に台風を心配する必要はそこまでないです。

10月の小浜島の服装と持ち物

10月の持ち物

次に、10月の小浜島の天気や気温を踏まえた上での、服装や持ち物をご紹介します。可能な限り具体的に列挙していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

10月の服装

10月の小浜島は、平均気温が26度です。そのため、ほとんどの日は半袖で問題なく過ごすことができます。でも、夜や朝方はさすがに冷え込むこともあるため、長袖やジャケットは必須です。おすすめは、軽量のダウンジャケットや折りたためるタイプのジャケットです。旅行時は、できるだけ荷物
多く、おもくならないようにすることがポイントです。

10月のおすすめ持ち物

次に、おすすめの持ち物を紹介します。

日焼け止めクリーム
10月に忘れがちなのが、日焼け止めクリームです。夏が過ぎたからといって、紫外線対策が意識の外に行きがちですが、10月も十分に日差しが強いため、忘れないようにしましょう。日焼け止めは女性特有のものと思われがちですが、将来の肌のことを考えると、男性も必須のアイテムです。

折り畳み傘

先ほども申し上げたように、小浜島は10月に最も雨が降ります。車で行くのなら大きな傘を持っていくのも良いですが、そうでないなら、折り畳み傘をバッグに入れておくことをおすすめします。

小浜島の10月の主なイベント&楽しみ

小浜島は、10月に魅力的なイベントが開かれます。

小浜節大会

小浜節大会は、小浜公民館で開催される舞台芸能です。小浜節とは、小浜島に五穀豊穣をもたらした神に対して、神行事「結願祭」で奉納される歌のことです。島の伝統や歴史を感じることができる貴重なイベントになります。

小浜島の10月におすすめスポット

では次に、10月の小浜島でおすすめのスポットを3つご紹介します。

小浜節歌碑

小浜節の歌碑

出典:4travel

小浜節歌碑とは、小浜島の島歌が刻まれている石碑になります。大岳の展望台に行く途中の『ちゅらさん広場』に置かれています。小浜節が刻まれた貴重な石になるので、ぜひとも足を運んでみてください。
小浜節歌碑の詳細はこちら

西大岳展望台

西大岳展望台からの展望

出典:4travel

西大岳展望台は、「にしうふだき展望台」と読み、島内の絶景を一望できるスポットです。島の中でも特に高い場所なので、海や大自然を余すとこなく堪能することができます。西大岳展望台にはちゅらさんの碑もあり、ファンにとっては聖地巡礼的な意味合いのある場所です。
西大岳展望台の詳細はこちら

嘉弥真島

嘉弥真島島内

出典:4travel

「かやまじま」と呼ばれるこの場所は、小浜島から2kmくらい離れたところにある小さな島です。定期船が出ていないため、キャンプやバーベキューといったツアーでのみ行くことができます。シュノーケリングやダイビングも楽しむことができるのでおすすめです。
嘉弥真島の詳細はこちら

小浜島の10月のおすすめアクティビティ

次に、10月にできるアクティビティを5つご紹介します。

カヌーツアー

10月の小浜島シーカヤックツアー

小浜島では、カヌーを楽しむことができます。さらに、海でのシーカヤックとマングローブでのカヌーの2種類あるため、お好きな方を選ぶことができます。

カヌーツアーの詳細はこちら↓

SUP体験

朝焼けが美しい10月の小浜島SUP体験

SUPとは、『Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)』の略称で、いま世界中で大人気のアクティビティです。イメージ的にはサーフィンとカヌーの中間のようなもので、サーフォンより手軽で、カヌーよりアグレッシブなのが特長になります。初めてでも誰もが簡単に楽しむことができるため、ぜひチャレンジしてほしいです。

SUP体験の詳細はこちら↓

シュノーケリングツアー

10月でも泳げる小浜島の海

小浜島は、西表石垣国立公園の中にある日本最大級のサンゴ礁群である『石西礁湖』に囲まれた島であるため、最高のロケーションでシュノーケリングをすることができます。また少し離れたところには約400種を越えるサンゴ礁が広がっているため、まるで日本とは思えないような光景を見ることができるでしょう。

シュノーケリングツアーの詳細はこちら↓

“幻の島”浜島ツアー

女子旅で浜島散策

小浜島と石垣島の間には浜島と呼ばれる島があります。正確にいうと、干潮時にしか姿を現さず、満潮時には海に沈んでしまうため、上陸できる時間はかなり限られています。嘉弥真島同様、ここも定期船が出ていないため、ツアーでのみ行くことができるのです。

”幻の島”浜島ツアーの詳細はこちら↓

サンセットクルーズ

10月の小浜島の夕日

サンセットクルーズとは、小浜島の最上の夕焼けを船の上から見られるツアーのことです。サンセット専用のツアーもあれば、釣りのツアーやカヌー中に見られることもあるので、アクティビティの時間帯を工夫するのが良いでしょう。また、運が良い人は、グリーンフラッシュという現象に出会うことができます。グリーンフラッシュとは、夕日が沈む瞬間に一瞬、太陽が緑色に輝くことです。滅多に見られるものではないですが、天気が良い日は期待してみるといいでしょう。

サンセットクルーズの詳細はこちら↓

まとめ

いかがでしたか?今回は、10月の小浜島についてご紹介しました。季節や月によって持っていくべきもの、着ていく服装などは異なってくるため、事前に準備して楽しんでください。アクティビティに関しては、ほとんどが要予約なため、こちらも事前に調べておく必要があります。10月はどうしても雨が多いため、降られたら残念ではありますが、晴れならば非常におすすめできる季節です。空は澄み渡り、夏に比べて人が少ないからです。

それでいて、夏と同じようなアクティビティを体験することができるため、色々とお得なのが10月なのです。今回の記事を踏まえて、是非とも最高の小浜島旅行にしてほしいと思います。

石垣島の全て遊びはこちら↓
石垣島ツアーズ

小浜島の全て遊びはこちら↓
小浜島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、小浜島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!