小浜島のアクティビティ予約なら"小浜島ツアーズ"♪

小浜島の5月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

-この記事をシェアする-

西表島や石垣島からフェリーで向かえる小浜島。小さな離島ですが、様々な魅力が詰まっています。今回は5月に小浜島へ足を運ぶ方向けに天気や服装、おすすめのアクティビティなどを紹介。ゴールデンウィークを使った観光を計画している方は、要チェックですよ。

小浜島の5月とは?

5月に幻の島に上陸

ゴールデンウィークがある5月は、観光客が多く集まる季節。本州や沖縄本島から小浜島へ向かう際には石垣島を中継しなくてはなりませんが、ゴールデンウィーク期間中の航空券の予約が多いため、スムーズに予約できない恐れも。また、ホテルやレンタカーの需要もあり、早めに予約しておく必要があります。しかし、ゴールデンウィーク後は需要が落ち着き、観光客の数も少し減少。ゆっくり観光したい方は、ゴールデンウィーク以外の日程で足を運ぶのがおすすめです。

小浜島の5月の天気

奇跡の島バラス島に上陸

5月は3月や4月よりも急激に温度が上がり、夏らしい雰囲気に。紫外線も強くなるため、帽子をかぶったり、日焼け止めクリームを塗ったりなどの対策が重要になります。一方で、6月や7月のように台風が上陸することも少なく、西表島や石垣島からのフェリーも通常運行しています。海が荒れるとフェリーが欠航するため、台風がないことはアクセス面でかなり重要なポイント。ただし本州よりも早めに梅雨に入るため、雨が降りやすいという問題点もあります。

5月の小浜島の服装と持ち物

小浜島は本州よりも先に夏の季節になります。そのため、本州と同じ服装で向かうと、暑すぎる場合も。ここでは5月の小浜島で心地よく過ごすための服装や持ち物を解説します。

5月の服装

最高温度が29度になることもある小浜島では、半袖や薄手の長袖といった涼しい服装がぴったり。紫外線対策として薄い上着を用意しておくのもおすすめです。また、海や川でのアクティビティに参加する場合は、水着や濡れてもいい服を用意しておきましょう。

5月のおすすめ持ち物

5月の小浜島は全体的に降水確率が高く、天気が良くてもいきなり雨になってしまう可能性があります。そのため、レインコートや折りたたみ傘などを用意しておくのがおすすめ。また熱中症にならないためにも、飲み物を必ず持って外出しましょう。小浜島では様々な現地ツアーがありますが、その多くは道具をレンタルできます。そのため、わざわざフィンやライフジャケットといった大掛かりな物を用意する必要はありません。

小浜島の5月におすすめスポット

小浜島へ向かう上で、どこを観光すればいいのか事前にチェックしておくと、スムーズに旅行できます。5月に観光する際に、おすすめのスポットは3つあります。観光スポットへ向かう際には、レンタカーやレンタサイクルの利用がスムーズに移動ができて、おすすめですよ。

シュガーロード

5月の美しいシュガーロード

シュガーロードとは、牧場やサトウキビ畑といったのどかな島の風景が広がる道のこと。ドラマの撮影にも使われたことがあり、レンタカーや自転車でのんびりと走ることができます。道路周辺の景色を遮るものはなく、ありのままの小浜島が感じられます。ドライブ好きにはぴったりの観光スポットですよ。レンタカーではなく、自転車でシュガーロードを走りたい際には、レンタサイクルを利用しましょう。

こはぐら荘

小浜島にあるこはぐら荘

小浜島の中心に位置するこはぐら荘も、シュガーロード同様にドラマの撮影に使われたことがある観光スポット。家の中には入れませんが、外観だけでも沖縄の伝統的な家の様子が伺い知れます。レンタカーやレンタサイクルで向かうこともできますが、快適に観光したい方はツアーに参加するのがおすすめです。

海人公園

小浜島の人気スポット海人公園

出典:やえやまなび

小浜島の西部に位置する海人公園は、名前通り海の近くにある広い公園。大きなマンタが目印の展望台からは、小浜島の美しい海を眺められます。マンタは小浜島周辺に生息している生き物であり、シュノーケリングやダイビングで観察することが可能。滑り台といった遊具も用意されており、家族連れの観光スポットとしてうってつけです。

小浜島の5月のおすすめアクティビティ

小浜島では観光スポットだけではなく、アクティビティに参加して楽しむこともできます。今回は、5月のおすすめアクティビティとして5つピックアップしました。1日楽しめるものから、半日サクッと楽しめるものまで揃っているため、旅行計画と合わせて検討してみましょう。

シュノーケリングツアー

小浜島のエメラルドグリーンの海で泳ぐ

小浜島の海はヒスイのような美しい輝きと透明度が特徴的。その海でのシュノーケリングツアーでは、数百種類のサンゴやカラフルな魚などを観察できます。シュノーケリングの経験がなくとも、インストラクターがしっかりとレクチャーを行うため、不安な気持ちになる必要はありません。なおかつ、ツアー代金にシュノーケリングで必要な道具のレンタル代が含まれており、わざわざ自分で用意しなくても大丈夫です。大人はもちろん、子供でも楽しめる小浜島の海を、ぜひ堪能してみてください。

マリンスポーツ

マリンスポーツ体験

大人数でワイワイと楽しみたい方は、マリンスポーツにチャレンジしてみるのがおすすめ。小浜島では、バナナボートやマリンジェットなど、様々なマリンスポーツが楽しめます。特にビックマムというマリンスポーツは、海上を飛びながら進むため、ダイナミックなアクティビティを楽しみたい時にぴったり。若い人はもちろん、子供でも楽しめるスポーツも準備されているため、年齢を気にせずにアクティビティに参加できます。マリンスポーツも含まれている現地ツアーでは、シュノーケリングやダイビングなどがセットになったツアーもあります。

カヌーツアー

小浜島シーカヤックツアー

のんびりと自然を堪能したい方は、カヌーツアーに参加してみましょう。小浜島のカヌーツアーでは、パドルを使ってエメラルドグリーンの海やマングローブが生い茂る汽水域などを漕ぎ進めます。特に海の場合、空を茜色に染めつつ水平線へ沈んでゆく夕焼けを眺められるチャンスが待っていますよ。潮の満ち引き加減によっては、無人島までカヌーでチャレンジすることも。これまでカヌーに乗ったことがない方でも、ガイドによる漕ぎ方講座や引率があるため、安心して参加可能。カヌーに乗って、ゆったりと小浜島が誇る南国の自然に癒されてみてください。

“奇跡の島”バラス島ツアー

バラス島上陸ツアー

小浜島近くには、地図に載っていない奇跡の島と呼ばれるバラス島が浮かんでいます。バラス島は、潮の満ち引きによって島の面積が変動する島。一見すると砂浜で出来た島に見えますが、よく見るとサンゴの欠片が無数に敷き詰められていることが特徴的です。島周辺には様々な種類のサンゴが生息しているため、シュノーケリングやダイビングしたい方にうってつけ。もちろん、友人や家族と写真を思い出の一枚を撮りたい時にも使えます。暑い5月の日差しの下、美しいバラス島の海で存分に遊んでみましょう。

SUP体験

小浜島SUPクルージングツアー

透き通った小浜島の海の上を、自分のペースで泳げるSUP。スタンドアップパドルボードの略であるSUPは誰でも簡単にチャレンジできるアクティビティ。分厚いボードの上に立ち、パドルを使って進みます。じっくりと海を眺めたい方は、座って漕ぐことも可能。小浜島のSUP体験では、ただ海を漕ぐだけではなく、健康と美容の効果があるヨガを行なったり、夕焼け空の下で漕いだりなど、様々な楽しみ方を用意しています。5月の晴れた天気の中でのSUP体験は爽快感がありますよ。

まとめ

今回は5月の小浜島における服装や、おすすめのアクティビティなどについて紹介しました。ゴールデンウィーク中はどうしても混む可能性がありますが、それ以外は観光客が少ないため、のんびりと小浜島の雰囲気の中で観光できますよ。5月に旅行を計画している方は、今回の記事をもとに計画を立ててみましょう。

小浜島の全て遊びはこちら↓
小浜島ツアーズ

石垣島の全て遊びはこちら↓
石垣島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、小浜島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!