小浜島のアクティビティ予約なら"小浜島ツアーズ"♪

小浜島の11月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

-この記事をシェアする-

小浜島への旅行を考えたときに大切になるのは、行く季節です。結論から言うと、今回ご紹介するのは11月の小浜島についてになります。「11月に小浜島?シーズン過ぎてない?」そう思われる方もいるでしょう。でも実は、11月でも十分に小浜島を堪能することは可能なんです。そこで当記事では、11月の小浜島の天気、服装、アクティビティなどを調べていきます!

小浜島の11月とは?

まずは、小浜島の11月について見ていきましょう。夏に比べたら圧倒的に観光客が少なくなります。というのも、小浜島は亜熱帯に属するため、夏がベストシーズンと思われているからです。たしかに夏の小浜島はイベントなども多く楽しいですが、1
月でも島を満喫することができるのが大きな魅力でもあります。気温に関しては、最高気温が26〜27度、最低気温が21〜22度くらいなので、平均して24〜25度と思っておけば大丈夫です。

泳げる?

そんな11月の小浜島ですが、島の醍醐味である海水浴はできるのでしょうか?結論から言うと、ウェットスーツがあれば泳ぐことができます。というのも、気温に対して海水の温度が少し低く感じられるため、何も着用せずに海に入ると肌寒いからです。ウェットスーツなんて持っていないという方は、島中にレンタルスポットがあるため安心してくださいね。

小浜島の11月の天気

では小浜島の11月天気はどうなのでしょう。降水量は、一年の中で中間点くらいの少なさになります。つまり、夏よりは少なく、冬よりは多い、という感じです。台風に関しては比較的少ないため、よほど運が悪くない限り直撃することはないでしょう。

11月の小浜島の服装と持ち物

ここからは、11月の小浜島の服装と持ち物を見ていきます。あらかじめ準備しないと忘れそうなものもあるため、しっかり確認するようにしてください!

11月の服装

11月の小浜島は24〜25度くらいが平均気温なので、昼間は動けば暑いくらいです。なので半袖でも十分に行動はできますが、長袖を持って行動すると良いでしょう。夜になると少し冷え込むため、トレーナーやジャケットがあった方が安心です。いずれにせよ、半袖と薄手のアウターは必須と言えますね。

11月のおすすめ持ち物

次は、持って行くべきおすすめの持ち物になります。備えておくことで安心できるものばかりです。今回は3つご紹介します!

①防寒着

服装についてと被りますが、「日中は暑いから」といって忘れる方が多いので、再度言っておきます。防寒着といっても、厚手のコートなどは要りません。少し羽織れるものやパーカーくらいで十分です。ウルトラライトダウンが一枚あれば、移動中にもカバンにしまえて良いかもしれません。

②ウェットスーツ

海で泳ぐならばウェットスーツが必須なため、持っているなら持参した方がいいです。レンタルもできますが、それなりの値段がかかってしまうからです。中には無料でレンタルしているツアーもありますので、探してみるとお得に借りられるかもしれません。

③雨合羽や折り畳み傘

雨が降ることを想定して、雨合羽や折り畳み傘を持って行くことをおすすめします。アクティビティの中には、雨でも決行するものもありますので、雨合羽を着て動く方が良いからです。折り畳み傘は、移動中の雨に備えて持っていきましょう。11月は降水量が最も少ないですが、雨が降らないとは限りません。備えれば憂いなしの精神で、準備を怠らないようにしましょう。

小浜島の11月の主なイベント&楽しみ

11月の小浜島で開催されるイベントを紹介します。

①小浜島結願祭

小浜島の嘉保根御嶽(かほねうたき)という場所で開催される小浜島結願祭(きつがんさい)は、その年の豊作への感謝と次の年の五穀豊穣を祈るイベントです。なんと国の無形重要文化財に指定されており、伝統と格式のあるものです。2018年は11月3日〜5日に開催されましたが、年によって開催日時が変わります。なお、見学が可能なのは2日目のみなので、行くなら2日目に合わせましょう。

小浜島の11月におすすめスポット

イベントの次は、おすすめのスポットを3つご紹介します。格式高いところからラフに遊べるとこまで様々ですので、あなたの好みで選んでみてください。

トゥマールビーチ

出典:4travel

トゥマールビーチは、子どものいる家族におすすめの場所です。なぜなら、遠浅のビーチのため、あまり水深がないからです。つまり、海水浴よりも磯遊びなどをする方が適しています。
トゥマールビーチの詳細はこちら

南風花海岸

小浜島の南風花海岸

出典:4travel

読み方は、「はえばなかいがん」です。別名ウータ浜と呼ばれるこの場所は、干潮時には干潟のようになってしまうため、シュノーケリングなどには適していません。海水浴よりも、ビーチでゆっくりするのがおすすめです。
南風花海岸の詳細はこちら

嘉保根御嶽

小浜島の嘉保根御嶽

出典:4travel

読み方は「かほねうたき」または「かぶにわん」です。ここ嘉保根御嶽は、小浜島結願祭が開催される場所として知られています。嘉保根御嶽には鳥居があり、鳥居の横には雨乞いをするためのカンドゥラ石が置かれています。非常に神聖な場所なので、神秘的な気持ちにさせられるでしょう。
嘉保根御嶽の詳細はこちら

小浜島の11月のおすすめアクティビティ

では、11月に体験できるアクティビティをご紹介します。

小浜島SUP体験コース-60分コース

SUPとは、スタンドアップパドル・サーフィンと呼ばれるアクティビティです。サーフィンとカヌーの間のようなスポーツで、気軽にできることで最近にわかに人気が出てきています。60分と気軽に体験できるコースがあるため、誰でも楽しめるでしょう。透き通るような海の上を滑る体験は、日本中探してもそうありません。ぜひ小浜島だけの貴重な体験をしてみてください。なお、料金は4500円になります。

プランの詳細はこちら↓

“幻の島”上陸サンセットクルージングツアー

日本でも有数の綺麗な夕日を眺められるのが、このツアーです。また、日本で最も遅いサンセットを楽しめるため、非日常が味わえることでしょう。さらにもう一つの大きな魅力は、そんな素敵な景色を幻の島で見られることです。一日の中でも数回しか姿を表さない島というこれ以上ないロケーションで見る夕日は、一生忘れられない思い出となるでしょう。料金は、大人5000円、子ども4500円になります。

プランの詳細はこちら↓

パナリ・黒島・幻の島3島盛り沢山シュノーケル-1日コース-

小浜島の周辺にある3つの島を周れるのが、このツアーです。“最後の秘境地”と呼ばれるパナリ島、ハートアイランドと呼ばれる黒島、そして干潮時にしか姿を見せない幻の島です。 まずパナリ島周辺でシュノーケリングを楽しみ、次に黒島でご飯を食べ、最後に幻の島へ行きます。幻の島はタイミングが合わないと上陸できない島ですが、タイミングを合わせて向かってくれるため、なんとも贅沢な旅になることでしょう。このツアーは、大人13000円、子供9000円で楽しむことができます。

プランの詳細はこちら↓

まとめ

いかがでしたか?今回は、11月の小浜島について様々な情報をご紹介しました。ギリギリ半袖で過ごせる季節であり、意外にも様々なアクティビティを楽しむことができるのが大きな魅力です。混雑する時期を避けて11月に旅行することはとても賢い選択だと思いますので、ぜひ検討してみてください!

石垣島の全て遊びはこちら↓
石垣島ツアーズ

小浜島の全て遊びはこちら↓
小浜島ツアーズ

-この記事をシェアする-

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、小浜島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!